3大ED治療薬!バイアグラ・レビトラ・シアリスの特徴

バイアグラが世界初のED治療薬として、アメリカの製薬会社「ファイザー」から販売されてから、様々なED治療薬がどんどん登場してきました。

バイアグラを筆頭とし、レビトラ、シアリスは世界三大ED治療薬として有名です。先発薬であるこの3つは個人輸入で通販する事が出来る医薬品となっています。

ジェネリックのED治療薬も個人輸入サイトには豊富にありますが、ジェネリックが不安な方もいるようです。その場合はこの3つのうちどれかを選択するのも良いでしょう。

3大ED治療薬であるバイアグラ、レビトラ、シアリスをご紹介していきます。

バイアグラ

世界初のED治療薬としてアメリカの「ファイザー」社が開発しました。日本では1999年に認可され、販売されています。
主成分は「シルデナフィルクエン酸」です。

この成分は勃起不全の改善や勃起維持に対して効果があります。

本来勃起というのは、性的な興奮や刺激があると、神経伝達物質を介し動脈を拡張させる「サイリックGMP」という物質が増産される事によって、ペニスに大量の血液が流れ込み、勃起します。
反対に興奮が冷めると、勃起を抑える酵素が活発に働きます。それは「PDE5」と言われる酵素です。
勃起を促す「サイリックGMP」と、勃起を抑える「PDE5」の二つのバランスが勃起運動には重要ですが、EDの場合はこの二つのバランスが崩れ、「PDE5」の活動が優勢になってしまいます。そうなるとペニスに充分な血液が送り込まれなくなるため
「勃起しない」
「途中で萎えてしまう」
という状態が引きおこされるのです。

バイアグラの有効成分シルデナフィルはPDE5を阻害する働きがあります。

性的な刺激や興奮が起こった時にPDE5を阻害し、ペニスに充分な血液が送り込ませる事で充分な勃起を得る事が出来るでしょう。

バイアグラは3つのED治療薬の中でも硬くて強い勃起力がある事が特徴です。

バイアグラ
バイアグラ画像

50mg × 4錠¥4,810
100mg × 4錠¥4,980


レビトラ

レビトラはドイツの製薬会社「バイエル」によって開発されたED治療薬で、バイアグラの次に誕生しました。日本では2004年に厚生労働省の認可を受け、販売されています。

レビトラの主成分は「バルデナフィル」です。バルデナフィルも勃起を阻害する酵素「PDE5」を阻害する効果があり、血流を良くしペニスにたくさんの血液を送りこませ、勃起を成功させます。

バルデナフィルは水に溶けやすい性質をしており、ED治療薬の中なかでもレビトラは即効性があるお薬です。

服用時に食事の影響を受けていたバイアグラは、必ず空腹時に服用しなければなりませんでした。一方レビトラは食事の影響を受けにくくなっており、使い勝手がバイアグラよりも改善されています。

レビトラ
レビトラの画像

10mg × 4錠¥5,470
20mg × 4錠¥5,200


シアリス

3番目に開発されたシアリスはアメリカの「イーライリリー」によって開発、販売がされました。

日本では2007年に認可が下り販売されているED治療薬です。

シアリスも二つの治療薬と同様、勃起を阻害する酵素PDE5の働きを抑え、勃起に充分な血液を送りこませる事が出来る効果があります。

有効成分は「タダラフィル」です。バイアグラ、レビトラとの違いは効果の持続時間にあります。バイアグラ、レビトラが約5時間の効果持続時間があるのに対しシアリスは20~36時間の持続時間があり、別名「ウィークエンドピル」として人気が高いです。

シアリス
シアリスの画像

20mg × 4錠 ¥6,021

個人輸入で3大ED治療薬が手に入る!

この3つの治療薬は日本国内で認可されていますので、クリニックでも処方されているものです。

元々は海外製であるため個人輸入で通販する事ができます。

ED治療は通院しなければならず、お薬が切れる度にクリニックで処方してもらいますが、個人輸入の場合は通院の手間もなくお薬のみを購入する事ができるので便利です。

ED治療ビギナーも、まずは王道の3大ED治療薬を使って症状を改善していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする