ED治療薬を通販するなら安全なサイト選びを!Howto個人輸入

男性医師が人差し指を立てる

「やる気満々なのに、勃起しない」
「途中で中折れしてしまう」

これらのED症状にお悩みの男性はいませんか?

EDである事は男性の自信を失わせ、相手の女性との関係も悪化させてしまう可能性がある病気です。

「放っておいたら治るかな・・」

と自然治癒する事に賭ける男性もいるようですが、残念ながらEDは放置をしても治るものではありません。放っておくと悪化を招きますので、早いうちに対処する事が大切です。

ED症状にもっとも有効なのはED治療薬を服用する事。

ED治療薬には勃起不全の改善や勃起維持の効果があり、ED症状を改善してくれ以前のような性生活を復活させることができます。

ED治療薬が通販で購入できる!?


色んなED治療薬の通販画像

日本でED治療薬は処方薬となっているため、ドラッグストアや薬局で購入することはできません。

治療薬を手に入れるには以下の方法があります。

✔クリニックを受診し、診察を受けお薬を処方してもらう
✔個人輸入サイトで購入する

この2つの方法が挙げられますが、個人輸入サイトはED男性にとくに人気です。

通販とはいえ楽天やamazonなど通常の通販では取り扱っておらず、ED治療薬が購入できる通販サイトは個人輸入サイトのみとなっています。

個人輸入サイトとは?

海外製の医薬品やサプリメントを取り扱い、利用者に代わって海外からの購入の手続きを行ってくれるWEBサイトの事です。

単独で海外の製薬会社から医薬品を購入しようとすると、言葉の壁や輸入手続きなど非常に面倒ですし、大変ですね。

個人輸入サイトはそういった手続きのすべてを代行してくれ、なおかつ医師の処方箋無しで購入する事ができます。

「医師の処方箋なしで購入できるなんて。違法ではない?」と不安に思う方もいるかもしれません。
ですが個人輸入サイトで医薬品を購入することは厚生労働省でも認められている方法なのです。

個人輸入での決まりごと

ただし、個人輸入で医薬品を購入する場合このような法律上このような決まりがあります。

・購入者本人のみが使用する場合のみ購入が許される
・第三者に商品を転売、譲渡は不可
・処方薬は用法・用量から見て1か月分まで購入可(まとめ買い禁止)
個人輸入を利用する際はこれらの事を頭にいれておきましょう。

ED治療薬は楽天、amazonでは購入できない!?

現在日本では楽天、amazonといった通常のネット通販ではED治療薬を購入する事はできません。
処方薬に該当するED治療薬。処方薬の市場は複雑で、細かな規制や手続きが必要であり、通常のネット通販では取り扱いが大変難しいのです。
そして医薬品を個人輸入する際の決まりである「転売行為禁止」の事項にも関わってきます。もし仮に楽天やamazonでED治療薬が販売されていたとしても、それは一旦商品を買い付け、他者に売る「転売行為」です。
これは薬機法違反となり、個人はもちろん業者からの出品もあり得ない行為となります。
ED治療薬を通販する際は必ず個人輸入サイトから探すようにしましょう。

ED治療薬を通販するメリット・デメリット

メリットデメリットの男

薬が欲しい時に購入できる通販は便利。とはいえ、病院で診察をして貰い処方してもらったほうが確実で安全である事は誰もが思うでしょう。
ではなぜ治療薬を個人輸入で通販する事が世のED男性に支持されているのでしょうか?
通販でED治療薬を購入するメリットやデメリットを見ていきましょう。

メリット

ED治療薬を通販するメリットは以下の2点が挙げられるでしょう。

コスパがいい

通販のメリットといえばやはりコスパが良い事でしょう。
個人輸入で医薬品を購入する場合、医師の処方などは必要ありませんから、通院時に掛かる薬代以外の費用(受診料・処方料、交通費など)を当然おさえる事ができます。
日本でED治療は保険適応外でもあるため、通院すると費用はすべて自己負担です。
ED症状の大半は長期的に薬のお世話になることが多いため、治療費が掛かりがちです。
個人輸入サイトにはたくさんのED治療薬が取り扱われています。とくにジェネリックED治療薬は効果もありながら低価格で購入ができるため人気です。

詳しくはコチラ:ED治療薬にジェネリックもオススメ!お得なED治療

こっそりED治療ができる

勃起の悩みはとてもデリケートな問題でもあります。
「通院する事自体が恥ずかしい」「病院のスタッフに顔を見られたくない」
「誰かに知られてしまったら・・」と病院を受診する事にたいして腰が重くなってしまう人も少なくありません。
その結果、EDの症状を放置してしまい悪化を招く可能性もあるでしょう。
病院へ向かう勇気が無い人でも通販でなら治療薬を試す事ができます。

デメリット

ED治療薬の通販は便利ですが、反面このようなデメリットもあります。

偽物の医薬品を取り扱うサイトがある

ED治療薬は個人輸入のなかでも、とても人気のジャンルです。
その人気の高さからか、なかには偽物ED治療薬を取り扱う詐欺サイトも存在しています。
そういったサイトを誤って利用しないためには、安全なサイトを見極める事が大切です。
ED治療をする上で偽物の治療薬を使ってしまったら、薬の効果が無いばかりか健康に害をきたしてしまう可能性すらあります。
ネットで流通しているバイアグラの4割が偽物だという調査結果も出ています。

医師の処方が無い分、薬の購入や使用に関しては自己責任。万一偽物の薬でトラブルにあったとしても、誰に対しても責任を追及する事はできません。

安全なサイト選びがマスト!!

インポータント
偽物の薬によるトラブルを回避するためには、安全なサイト選びがとても大切です。個人輸入を利用するなら、本物を取り扱うサイトを利用しましょう。
まずはすぐに購入したりせず、信頼できるサイトかどうかをしっかりと見極める事です。

安全な個人輸入サイトの特徴は以下の項目を満たすサイトとなります。

・特定商取引の記載がある

ネット上で売買をする際には、販売業者の所在地や支払い方法、発送方法など、事業についての内容を明記しなければならない決まりがあり、それを特定商取引と言います。
特定商取引について掲載されていない場合、違法営業している可能性があります。

・第三者機関による鑑定書が掲載されている

商品の内容物を第三者機関によって鑑定させ、本物であると認められた証明である鑑定書を開示しているサイトは信頼が出来るサイトだと言えます。

・メーカー正規品保証

信頼のできるサイトは必ずページの目立つ場所に全商品100%メーカー保証の記載があります。

・クレジットカード決済ができる

クレジットカードでの決済を導入するには、事業所はクレジットカード会社の審査が必要です。カード会社の審査が下りるという事は、違法な営業を行っていない証拠にもなります。

・サポート対応の窓口電話番号が記載されている

利用者が商品を購入する際のサポートし、不明点を解決してくれる窓口の電話番号が記載されているかどうかも大切なポイントとなります。番号が記載されているだけではなく、対応者もしっかりと受け答えしてくれるかどうかが大切です。不安な方は1度サポート窓口に問い合わせてみて、サポートスタッフがキチンと対応してくれるのかどうか確認してみましょう。

自分の身を守るためにも、上記の項目を満たしていないサイトは利用しないようにしましょう。

個人輸入サイトの利用法

「海外から医薬品を輸入する」
考えただけで難しそうですが、個人輸入サイトであればそう難しくありません。

購入の手順は下記の流れです。

①個人輸入サイトの検索欄から、ED治療薬を検索
②欲しい商品を見つけ、カートに入れ購入ボタンを押す
③名前や住所、電話番号、性別を入力
④支払方法を選択し、決済を行う

みても分かるように、購入方法は通常のネット通販と変わりません。
誰でも簡単に購入ができるのは個人輸入の魅力です。

ED症状に悩む男性のみなさん。安全な個人輸入サイトED治療薬を購入し、EDを改善していきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする